施設長ごあいさつ

在宅ケア支援の拠点として利用者をサポートします

理事・施設長 髙田仁子

高齢者の自立支援を目指したケアサービスの提供

介護老人保健施設エルダーランドは、要介護高齢者の自立を支援し、在宅への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、リハビリテーション、さらには栄養管理などの日常サービスまで併せて提供する施設です。利用者の状態や目標に合わせたケアサービスを行うとともに、夜間でも安心できる体制を整えています。

多職種連携で在宅生活を支援

在宅での生活の質を高め、安全・安心に暮らしていくためには、リハビリテーションが不可欠です。当施設ではデイケアや訪問リハビリ、訪問看護といった医療系サービスをはじめ、訪問介護などの福祉系サービスをも併設し、多職種による支援が可能となっています。在宅ケア支援の拠点として、利用者とその家族の皆さまが快適に自分らしい日常生活を送れるようサポートいたします。

地域包括ケアの中心的存在として

日本は、すでに世界に先駆けて超高齢社会に突入いたしました。いま求められている福祉社会、その中心的担い手が私たち介護老人保健施設であり、地域包括ケアシステムの中核となって在宅療養をマネジメントする役割を担うと同時に、今後もさまざまな事業を多角的に展開しながら、超高齢社会の先進モデルとして地域の内外に情報を発信してまいります。