訪問看護 ―エルダーランド訪問看護ステーション―

療養生活を支援し、心身の機能の維持回復を目指します

訪問看護のイメージ訪問看護とは、看護師などがご自宅を訪問して、主治医の指示や連携により、療養上の世話や必要な診療の補助、リハビリテーションといった「看護」を行うサービスのことです。

病気や障がいがあっても、住み慣れた環境で安心して暮らせるように多職種と協働しながら療養生活を支援します。

利用対象者 要支援1から2、要介護1から5の認定を受けている方
営業日・時間 月曜日から金曜日(土・日は休業)  8時30分から18時
申し込み方法 当ステーションへ直接お電話いただくか、主治医の先生又は担当のケアマネジャー、最寄りの地域包括支援センターにご相談ください。

主なサービス内容

健康状態の観察

健康チェック(血圧、体温、呼吸、脈拍等)、症状の観察と助言を行います。

療養上の世話

食事や栄養、排せつ、清潔(清拭・入浴等)などの管理及び援助を行います。

診療の補助

褥瘡の処置、カテーテルや医療機器の管理等の医療処置、服薬指導、その他主治医の指示による処置を行います。

リハビリテーション

  • 日常生活動作訓練、関節拘縮を予防する運動、機能回復訓練、呼吸器訓練など、基本的に必要な動作が安全にできるよう訓練します。なお、より専門性が求められる場合は、理学療法士や作業療法士が行います。
  • 福祉用具の利用や住宅改修など、療養環境の改善に関するアドバイスも行います。

家族支援

家族への療養上の指導、介護負担に関する相談、家族の健康管理等を行います。

訪問看護プラン

利用者の希望、主治医の指示、心身の状況等を踏まえて、訪問看護計画書(訪問看護プラン)を作成します。

入退院についてのご相談、他のサービスのご紹介、関係機関との連携など、利用者が安心して豊かな療養生活を送れるよう様々な支援や調整を行います。