介護保険の費用負担が変わります

平成27年8月1日から介護保険の費用負担が変わります。
これは、高齢化が進む中で制度を維持するために必要な見直しとして行われるものです。

【見直しの概要】

①一定以上の所得のある方は、利用者負担が2割になります。

②世帯内に現役並み所得のある高齢者がいる場合は、月々の利用者負担の上限が引き上げられます。

③食費・部屋代の負担軽減については、預貯金などの少ない方に限定されます。

④特養の相部屋(多床室)に入所する方のうち、市町村民税課税世帯の方等は、室料相当額を負担することになります。

 

周知用ポスター
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/postercolour.pdf

詳しくは、<介護保険制度の概要→2.平成26年度介護保険法改正>を参照
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/gaiyo/index.html