食費・部屋代の負担軽減が見直されます

低所得者の方が介護保険施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設)やショートステイを
利用する場合には、食費・部屋代の負担軽減が行われています。

平成28年8月からは、この負担軽減の判定について、これまでの課税年金(老齢年金など)に加え、非課税年
金(遺族年金と障害年金)の収入も含めて判定されることになります。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。
(厚生労働省)http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/hikazei_1.pdf
(福島市)http://www.city.fukushima.fukushima.jp/site/download/20150609.html